こっちもそっちも鉄道模型
こっちもそっちも鉄道模型

鉄道模型の情報はどこから得れば良いか

鉄道模型

鉄道模型と言えば、最近では大変手の込んだ商品が増えていますが、どこで情報を得れば良いのでしょうか。

まず、鉄道模型の情報が集まりやすいのが、各種おもちゃを扱うホビーショップや鉄道模型専門店であり、特に鉄道模型専門店に関しては、模型に詳しい店員がほぼ確実にいますので、初めて模型作りにチャレンジする場合は助言を求めると良いでしょう。店には鉄道模型ファンが多く集う事から、親しくなった場合はどんな模型を作っているかを聞いてみる事もおすすめします。まれに、模型店では商品の試走が出来る場合もあるので、試走をした上で商品購入の参考にしてみましょう。

店に行くのが厳しい場合は、ネットオークションサイトも鉄道模型を多く購入できるサービスとなっており、出品者の自作車両・市販車両を手に入れられる事があります。掘り出し物もまれにありますので、定期的にサイトのチェックをしておきましょう。

岩版ジオラマ

模型をインターネットのブログや大手動画サイトで公開している方も多くおり、一部のユーザーは模型車両の先頭にカメラを取り付けている方もいます。動画サイトに作品を掲載している方は、こだわりを持っている方も多く、コメント欄・メール欄からリプライすれば、交流のきっかけになりますので、模型を作りたい・走らせたいと思っている場合は積極的にコメントしてみましょう。模型趣味の方が集うファンサイト・SNSも多く存在しており、自分が興味ある事をアピールすれば友人として承認してもらえる事もあります。仲が良くなれば友人同士のオフ会に参加出来る可能性もあるので、交流を親密にしておくことをおすすめします。

鉄道模型を鑑賞するならアクリルケース

鉄道模型を走らせる

精密に作られた鉄道模型は所有欲を満たしてくれるだけでなく、鑑賞用途としても一級品の価値があります。できるだけ綺麗な状態で、かつ見やすい方法でディスプレイすることは、コレクターなら誰もが考えることではないでしょうか。特にホコリや汚れは見た目や価値を損ねてしまう危険性があるので、しっかりと対策をしたいところです。

鉄道模型をディスプレイする方法でおすすめなのが、アクリルケースを用いることです。アクリルケースは透明度が高く、塗装やディテールをケースの上からでも十分に鑑賞することが可能です。また、細長い鉄道模型の特徴に合うような専用の作りになっていれば、スペースを無駄に使うこともありません。専用ケースであることのメリットは他にもあります。例えば、鉄道模型の車両に合わせて溝があれば、ぐらつくことなく真っ直ぐな状態をキープすることができます。2列・3列と連なっていれば、系統ごとや好きな車両順に並べて楽しむこともできるでしょう。このように、限られた空間を無駄なく効率的に使い、それでいてオリジナルのディスプレイ方法で楽しめる専用のアクリルケースには多くのメリットが有るのです。オプションが使えるのであれば、紫外線カット加工がおすすめです。直射日光など、強い紫外線にさらされていると、塗装面に変化、つまり日焼けが起こることがあります。こうした日焼けによる影響を避けるために有効なのが紫外線カット加工というわけです。

荷を運ぶ電車